貯蓄や預金、配当などでも意識していく良いポイント

長期的な運用であればあるほど利息や配当を気にする習慣をつけるべき

長期的な視点にたって運用を行なうときほど、目先の金融商品の利益のみに翻弄されず長期的なリターンを意識した投資が大変重要です。インカムゲインとキャピタルゲインの関係に関しては既に述べていますが、安定して上昇する相場環境のみが続くとは限らないのが相場の特徴です。長く安定した運用を続けていくにはやはり利子や配当に関して高い関心を持って投資を行っていく事が大変重要な事となります。

マイナス金利で更にリスク性資産への投資が加速する可能性が

先日日銀が発表したマイナス金利政策の影響で大変多くのマーケット関係者が驚きました。これによって市場に多くの資金が流れる事で更に株や為替に大きなプラスの影響が出ると期待される反面、従来までの定期預金等に預けていたお金に関してはどうなるのかという不安もつきまとっています。最近はやはり大手の金融機関が定期預金の金利を引き下げる方策を打ち出してきました。
これにより、従来までの預金者は自分の預金をどの金融資産に振り分けるべきかに関して頭を悩ませる事となっています。

日本円ばかりが投資対象ではありません

このように今後、株高となるのであれば高配当銘柄に少し投資資金を振り分けたり、高金利国の外貨預金やMMFに投資を行なう等の方法をどんどん考えていくべきです。
日本では考えらられない高金利の国は世界中で沢山存在しています。投資を経験するとわかりますが、常に自分の保有ポジションに対して一喜一憂する日々が続いていきます。そうではなく投資の原理をきちんと学習して10年、20年先に通用する考え方をきちんと身に付ける事が大変重要です。高金利の恩恵を複利効果で得られれば大変多くの資産を長期間で形成する事が可能となってくるのです。

投資対象はあくまで今後の成長期待から考えるべき

世界経済の成長の場所は時代によって異なります。マーケットは常に質の高い投資先を求めていkのです。自分の審美眼をきちんと持って有望な国や会社、通貨を楽しんで探して長期運用をおこないましょう。退職金や年金問題等、多くの社会問題がある日本社会の中で自分の資産を有効に活用するのが資産運用の基本です。
頑張って自分なりの資産運用を考えていく事が大変重要です。
配当や金利は保有するだけで手に入れる事ができるので、それを活かさない手はないのです。
投資は自分の頑張り次第で大きな収益を上げる事ができるのです。